松本誤算、八回に3失点で鷹逆転負け 築けぬ勝ちパターン

 ◇DeNA4-3ソフトバンク(1日、横浜スタジアム)

 2点リードの八回、ソフトバンクの工藤監督がマウンドを託したのは松本だった。「ピッチングコーチから、今日は八回でいかしてみたいということだった」。泉は5月30日巨人戦で八回に登板してスモークにソロを浴びるなど、直近6戦で5失点と安定感を欠き、津森も既に七回に登板。リリーフへの配置転換後、登板した全3試合で複数イニングを投げながら、7回無失点と好投を続けていた右腕に白羽の矢が立った。

 その一手が裏目に出た。2本の適時打で3点を失い、3敗目を喫した右腕は「大事な場面で使ってもらったのに、期待に応えることができなかった」とうなだれた。

 懸念していたことが現実になった。左肘を手術した森に加え、モイネロもキューバ代表として東京五輪予選に出場するため、交流戦前にチームを離れた。盤石の「勝ちパターン」の2人が抜けてから初めて、僅差のリードで終盤を迎えていた。試合後、指揮官は「松本君を使ったことが悪いとは言いません。そこが野球の難しさ」と自身に言い聞かせるように語った。

 ゲームセットも予期せぬ形となった。1点差を追う最後の攻撃で、2死から牧原大が四球を選び出塁。ベンチは俊足牧原大の代走に周東を起用すると、狙い通り三嶋の注意を引き付け、代打明石の1ストライクからのけん制が悪送球。だがボールがファウルゾーンで転々とする間に、周東は三塁を狙ったがタッチアウトで連敗。リーグ首位は守ったが勝ち試合を落とした。 (鎌田真一郎)

関連記事

PR

開催中

200CUTTING BOARDS

  • 2021年5月28日(金) 〜 2021年6月14日(月)
  • MAGAZYN(マガズィン)
開催中

The Edge展

  • 2021年6月9日(水) 〜 2021年6月14日(月)
  • 福岡三越9階三越ギャラリー

スポーツ アクセスランキング

PR