「光の道」彩るショウブ 福津市・宮地嶽神社で初刈り神事

 福岡県福津市宮司元町の宮地嶽神社で、境内に咲くハナショウブを神前にささげる「江戸菖蒲(しょうぶ)初刈り神事」があった。例年より開花が早く、早咲きの品種はほぼ満開を迎えている。

 神社のハナショウブは、1965年に明治神宮(東京)から株分けしたものが増えた。現在は約100種10万株に上り、初夏の風物詩となっている。今年は「光の道」参道の階段などにもハナショウブを飾りつけた。...

残り 114文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

福岡県の天気予報

PR

開催中

秋の古本まつり

  • 2021年10月13日(水) 〜 2021年10月26日(火)
  • ジュンク堂書店福岡店 2階「MARUZENギャラリー」特設会場

PR