火山防災対策「進めていく」 加藤官房長官、普賢岳大火砕流30年で

 加藤勝信官房長官は2日の記者会見で、43人の犠牲者を出し、発生から3日で30年となる長崎県雲仙・普賢岳の大火砕流について「当時、私も映像を見て大変な衝撃を受けた。亡くなった方々に対して心から哀悼の意を表したい」と話した。

 加藤氏は、58人が死亡、5人が行方不明になった2014年の御嶽山(長野、岐...

残り 142文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

長崎県の天気予報

PR

PR