来日初登板のレイ、初回に3ラン被弾 二回以降は無失点

 新外国人右腕のレイが来日初登板で6回を投げ、被安打4、5奪三振で3失点にまとめた。初回1死一、二塁、オースティンに真ん中高めのツーシームを左中間席への先制3ランとされた。「インコースを狙ったボールが甘くなってしまった」。その後は150キロ超の真っすぐにツーシーム、カットボール、ナックルカーブを投げ分けて無失点。「二回以降は気持ちもボールもうまくコントロールして、いい投球ができた」と語る右腕に、工藤監督は「(次回登板は)必ずある。ナイスピッチングでしょ」と目を細めた。

関連記事

PR

開催中

200CUTTING BOARDS

  • 2021年5月28日(金) 〜 2021年6月14日(月)
  • MAGAZYN(マガズィン)
開催中

The Edge展

  • 2021年6月9日(水) 〜 2021年6月14日(月)
  • 福岡三越9階三越ギャラリー

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR