久留米藩が水害で受けた農業被害は? 絵図や石高統計調べ論文

 江戸時代、筑後川流域にある久留米藩は水害でどの程度の農業被害を受けたのか-。久留米大の篠倉大樹非常勤講師(歴史地理学)が、過去の記録と地形を基に実態を把握する研究を続けている。このほど成果を論文にまとめた。

 幕末の藩の石高は21万石(実質36万石)。久留米市史によると、農業被害の規模が明らかな水...

残り 410文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

福岡県の天気予報

PR

緑のコンサート

  • 2021年12月3日(金)
  • 福岡市健康づくりサポートセンター あいれふホール

PR