【動画】300年前の涅槃図公開 小倉北区・長圓寺

 北九州市小倉北区鋳物師町の長圓(ちょうえん)寺(吉水友晃住職)は6日、約300年前の江戸時代中期に描かれたとみられる涅槃(ねはん)図(縦約2・5メートル、横約2メートル)を初めて一般公開した。

 吉水住職によると、涅槃図は1722年に同寺の所有となった。幕末の長州藩と小倉藩との戦いで行方不明になったが、明治初めに見つかり同寺に戻った。汚れが目立ち、軸が欠損するなどしていたため長年公開されなかったが、吉水住職らが2年前に修復した。

...

残り 179文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

福岡県の天気予報

PR

開催中

松永瑠美展

  • 2022年8月1日(月) 〜 2022年8月9日(火)
  • ギャラリー風

PR