福岡市、64歳以下の接種券を30日に発送 受け付けは年齢層別

 福岡市は7日、12~64歳を対象にした新型コロナウイルスのワクチン接種について、予約に必要な接種券を30日に一斉発送すると発表した。基礎疾患のある人と60~64歳は接種券が届き次第、それ以外は年齢層別に予約を順次受け付ける。早い人で7月上旬にも接種が可能という。

 市によると、年齢層別の予約開始日は、60~64歳(約8万2千人)=接種券到着次第▽50~59歳(約20万人)=7月12日午前8時半▽40~49歳(約24万4千人)=同15日午前8時半▽30~39歳(約21万4千人)=同19日午前8時半▽16~29歳(約25万7千人)=同22日午前8時半。12~15歳については後日発表する。

 予約は原則としてインターネットの専用サイトで受け付け、サイト利用が難しい場合は専用コールセンターでも対応する。個別接種を行う各医院で直接受け付けない方針。

 基礎疾患のある人は6月8日午前8時半から、市が開設する「基礎疾患登録サイト」で事前登録が必要。登録から2日がたち、接種券が届けば予約ができる。 (塩入雄一郎)

福岡県の天気予報

PR

開催中

200CUTTING BOARDS

  • 2021年5月28日(金) 〜 2021年6月14日(月)
  • MAGAZYN(マガズィン)
開催中

The Edge展

  • 2021年6月9日(水) 〜 2021年6月14日(月)
  • 福岡三越9階三越ギャラリー

福岡 アクセスランキング

PR