ワクチン接種の予約状況を可視化 福岡市がウェブサイト開設

 新型コロナワクチンの接種について、福岡市は集団接種会場や個別接種を行う各医院の予約の空き状況が分かるウェブサイトを開設した。早期接種を進めるため、予約の前倒しを促すのが狙いだ。

 市は、65歳以上の高齢者の接種について7月末の完了を目指しているが、予約を終えた人の中には6月に空きがあるのに7、8月に予約を入れている人が少なくないという。

 サイトでは、集団接種会場や各医院の日ごとの空き状況が「○△×」で6週間後まで表示できる。会場の空き状況を見比べてより早い希望日を探すことが可能。変更する場合は、いったん現予約をキャンセルして手続きする。

 市によると、6月分の空き状況は7日朝の時点で約1万5千回分。高島宗一郎市長は同日の会見で「よく分からずに(遅い時期の)予約を入れた方もいるかもしれない。今週も来週も空いてるので、ぜひ早めに変更してほしい」と述べた。 (上田泰成)

関連記事

福岡県の天気予報

PR

開催中

200CUTTING BOARDS

  • 2021年5月28日(金) 〜 2021年6月14日(月)
  • MAGAZYN(マガズィン)
開催中

The Edge展

  • 2021年6月9日(水) 〜 2021年6月14日(月)
  • 福岡三越9階三越ギャラリー

福岡 アクセスランキング

PR