干潟の恋は舞い上がる #この一枚

 有明海のムツゴロウが繁殖期を迎えた。佐賀県小城市芦刈町の「海遊ふれあいパーク」では、雌の関心を引こうと、雄が競い合うかのように求愛ジャンプを繰り返している。背びれを広げた雄がぴょんぴょんと跳びはねたり、ライバルの雄同士が口を大きく開いては威嚇し合ったりと激烈な“恋のレース”を垣間見る。

 ムツゴロウは有明海や八代海の干潟に生息するハゼ科の仲間で、体長約15~20センチ。県有明水産振興センターによると、繁殖期が続く7月ごろまで求愛ジャンプを観察できる。 (穴井友梨)

関連記事

佐賀県の天気予報

PR

開催中

真夏の古本まつり

  • 2021年7月18日(日) 〜 2021年8月3日(火)
  • ジュンク堂書店福岡店 2階 MARUZENギャラリー

PR