五輪聖火のトーチなど展示 原の辻ガイダンス 「身近に感じて」

 東京五輪の聖火リレーで使われたトーチやユニホームが長崎県壱岐市の国特別史跡、原の辻遺跡の案内施設「原の辻ガイダンス」で展示されている。

 市教育委員会が壱岐での聖火リレーに参加し、トーチとユニホームを所有する郷ノ浦町漁協職員の川下和明さん(41)に協力を依頼した。トーチは長さ71センチ、重さ1・2キロ。...

残り 126文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

長崎県の天気予報

PR

バギーコンサート

  • 2021年11月28日(日)
  • 福岡市早良南地域交流センター ともてらす早良 チャイルドルーム

PR