中村晃、粘りの決勝打 真骨頂発揮に工藤監督「さすが」

 中村晃が真骨頂の粘りで2点タイムリーを放った。同点で迎えた五回2死満塁、ファウルでしのいで迎えた10球目、広島の先発野村が投じた外寄りカットボールを右前へとしぶとく運んだ。「何とか粘って食らいつくことができた」。この一打に打線が続き、今季初の打者一巡の猛攻で計5得点。二回にも右中間フェンス直撃の二塁打で先制点をたたきだした選手会長に工藤監督も「さすがですね。自分が安打にできるところに(球が)くるまで粘られるのは、投手は嫌。ナイスバッティングだった」とうなずいた。

関連記事

PR

開催中

200CUTTING BOARDS

  • 2021年5月28日(金) 〜 2021年6月14日(月)
  • MAGAZYN(マガズィン)
開催中

The Edge展

  • 2021年6月9日(水) 〜 2021年6月14日(月)
  • 福岡三越9階三越ギャラリー

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR