内村、体操代表主将へ 五輪へ向け「一日一日大事に」

 日本体操協会は9日、オンラインで理事会を開き、東京五輪の男子代表の選手団主将を内村航平(ジョイカル)=長崎県諫早市出身=が務めることを承認した。内村は個人総合で2012年ロンドン、16年リオデジャネイロ両五輪を連覇。種目別鉄棒に絞った今回は、6日まで開催された全日本種目別選手権までの結果で代表権を獲得した。

 内村は9日、寝具メーカー「エアウィーヴ」とのスポンサー契約締結会見に出席。4大会連続の五輪出場が決まった心境を「4大会目が一番頑張って代表権を獲得したけど、すごく冷静に五輪に向けて、また頑張ろうかなという一番普通の心境だった」と振り返った。

 東京五輪まであと50日を切っている。「一日一日の練習を大事に、残りわずかなので、そこに向けて日々、頑張っていきたい」と意気込んだ。 (伊藤瀬里加)

PR

PR