人脈ゼロからジャッキー映画起用 福岡拠点にアジアで音楽創作

シン・フクオカ人 #38

 〈新しいものを生み出すために必要なのは、好奇心と仲間なのかもしれない〉

 福岡市のビルの一室に、大音量で中国語の曲が流れていた。サウンドエンジニア戸田せい(43)が手掛ける中国映画の主題歌だった。

 「環境さえ整えれば、爆音でも心地よく感じるんですよ」

 曲の録音から音の調整、仕上げのミキシングまで行い、曲を生み出す“環境”を整えるのが、サウンドエンジニアの仕事だ。これまでに携わったアーティストは、ももいろクローバーZをはじめ、BABYMETAL(ベビーメタル)、柴咲コウなど100組以上。東京で音楽業界の最先端を極めた。

 福岡市に移住して7年目になる。満を持して今月6日、中央区今泉のビルに新たな拠点「ACRO.POLIS(アクロポリス)」を開設した。曲作りから演奏、録音まで、1カ所で音楽制作ができるプラットフォームだ。...

残り 1161文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR