際立つ制球力、レイ8回1失点

 ◆ソフトバンク1-1広島(10日、ペイペイドーム)

 来日2度目で本拠地では初登板のレイが、8回を被安打4、7奪三振、無四球で1失点の好投を見せた。初勝利は逃したが「調子はとても良かった。拓也(甲斐)がいいリードをしてくれた」と満足そうに語った。三回先頭のクロンに「カウントを悪くして、少し窮屈な投球になってしまった」と外角の151キロを右翼席への先制ソロとされた。ただ3ボールにしたのは、この打席を含めて2度だけ。制球力が際立った。「全体的にはいい投球ができた」と胸を張る右腕を、工藤監督は「八回まで投げてリリーフ陣を助けてくれた」と高く評価した。

関連記事

PR

開催中

200CUTTING BOARDS

  • 2021年5月28日(金) 〜 2021年6月14日(月)
  • MAGAZYN(マガズィン)
開催中

The Edge展

  • 2021年6月9日(水) 〜 2021年6月14日(月)
  • 福岡三越9階三越ギャラリー

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR