【投稿】中村哲医師の心

会町蒼汰(かいまち・そうた)=13

 みなさんはまえなんまんにんものひとたすけてほしそうにぶんていたら、べるだろうか。ぼくはだ。しかしそれをやりとげたひとがいる。なかむらてつだ。アフガニスタンでりょうだけでなく、じゅうせいくうばくおとりひびくなかなんじゅうまんにんというひとびとしょくりょうくばり、1600ぽんじょうり、ようすいつくってかわいただいをうるおしみどりえた。

 なかむらことがある。「みちたおれているひとがいたらべる。それがふつうのことです」。こんなすごすぎることをしてさらに、ふつうのことだとなかむらさんようなこころぬしになりたい。こまっているひとぶんなにをできるかかんがえ、それがぜんしつけにならないようにあいちをかんがえられるひとになりたい。(ふくおかちゅうおうちゅうがくせい

PR

こどもタイムズ アクセスランキング

PR