買って届いた模造品、通報しても続く出品…フリマアプリの実情は

 「フリーマーケットアプリ(フリマアプリ)を通じ、模造品のSDカードを購入させられた。指摘しても出品が続いている」。西日本新聞「あなたの特命取材班」に男性から情報が寄せられた。男性によると、同じように模造品のSDカードを販売しているケースがいくつかあるという。取材班が同様の商品を購入したところ、表示を大幅に下回る容量しかない模造品だと判明した。急成長するフリマアプリでは、模造品の疑いがある商品が散見される。実情を探った。

 模造品が出品されていたのは、大手フリマアプリの「メルカリ」。取材班は5月中旬、男性の情報に基づき、あるアカウントにあった「新品未使用 PNY 1TB(テラバイト、1テラバイトは1000ギガバイト)SDカード」を2111円で購入した。一般的な価格に比べて格段に安い。同じようなメモリーが他にも数多く出品されていた。商品説明には「海外製品のため、購入する場合は自己責任で」とも書かれている。

 後日、届いた商品をよく見てみると、なぜか本体の表記が「PNY 2TB」となっていた。早速、メーカーのPNY社(本社・米国)のアジア本部(台湾)に購入商品の写真、メモリー裏に記入されていた番号をメールで送ってみた。

 同社からの返信は「残念ながら偽物と思われます。弊社では2TBのラインアップがございません。製品にプリントされているフォントも異なって見えますし、色など弊社製品よりも粗く印刷されている」との説明だった。

 次に取材班は出品者に対し、西日本新聞記者であることを明らかにして「偽物ではないか」と指摘するメッセージを送った。

 「2TBと書かれていますが、中身は1TBです。実際に使用できています。海外製品のため、使えない場合もあります。SDカードなので、どんな安心なメーカーでも不良品はあります。今回は、購入者様の確認不足だと思います」。出品者は模造品とは認めなかった。その上で「送り返してください。取引キャンセルで終わりにしましょう」と通知してきた。

 このSDカード、1TBは確かなのか。容量を確認できるソフトで1日以上かけて検証してみたが、実際の容量はわずか約14・5ギガバイトだった。

          ◆

 取材班はメルカリにも模造品疑いを通告した。

 運営事務局はメールで、まずアプリ内での取材が「禁止」であると告げてきた。取材に応じた広報は「(出品者への直接取材は)トラブルにつながる恐れがあるため、一律でご遠慮いただいております」と主張する。

 質問を続けた。ならば、模造品販売の疑いのあるこのアカウントに対して、何らかの対応をするのか-。

 「個別、具体的な案件の詳細については、回答を差し控えさせていただきます」。あくまで一般論として「本件に限らず、事務局が、合理的な理由に基づき禁止出品物に該当すると判断した場合は、取引キャンセル、商品削除、利用制限などの措置を取る場合がある」と説明した。

 PNY社は「報告を頂いた場合、店舗へブランド侵害のクレームを行い、商品を掲示しないように要請する」との立場。模造品の見分け方として「市場価格と比べ、極端に安い場合は中古品でない限り、可能性が非常に高い」と注意を呼び掛ける。

          ◆

 メルカリでの模造品対策とは、具体的にどのようなものなのか。

 同社は、人工知能(AI)を使った検知システムや担当者の目視で「365日24時間」の常時監視を実施しているという。「正規品ではない疑いのある商品や、十分な情報のない商品については削除や(出品者への)警告を行っている。外部通報も受け付けている」と説明する。

 しかし、今回の情報提供者は模造品のメモリーを購入後にメルカリ側へ通報したが、出品が続いたことから、取材班に連絡してきた経緯がある。6月13日現在、記者が購入したアカウントでも、大量のSDカードが出品され続けている。(竹次稔)

関連記事

PR

PR