東京五輪、枝野氏「1年延期か中止かIOCと交渉を」 首相に注文

 立憲民主党の枝野幸男代表は11日、日本外国特派員協会の記者会見で東京五輪・パラリンピックについて「日本のリーダーの責任としては、ワクチンの効果が期待される1年延期か中止という選択をIOC(国際オリンピック委員会)と交渉すべきだ」などと述べた。

 枝野氏は「このまま五輪を開催すれば8、9月に、国内における感染の爆発を生じる恐れが非常に高い」とした上で、「ワクチンなどのめども立たない中で、2年ではなく1年延期の決断をした安倍(晋三)前首相の責任が大きい」と主張した。

 記者団から、先進7カ国首脳会議(G7サミット)と五輪に絡み「日本の野党のリーダーとして海外首脳にメッセージを」と求められた枝野氏は、「日本の国民の命と健康に責任を持たない外国の皆さんから(五輪への)支持を受けても、何の説得力もない」と話した。(川口安子)

関連記事

PR

開催中

200CUTTING BOARDS

  • 2021年5月28日(金) 〜 2021年6月14日(月)
  • MAGAZYN(マガズィン)
開催中

The Edge展

  • 2021年6月9日(水) 〜 2021年6月14日(月)
  • 福岡三越9階三越ギャラリー

政治 アクセスランキング

PR