広がる「幅」ジャンプに期待 【熱々ギ論。】島田徹

 前回のコラムは第15節の大宮戦で今季ホーム初勝利を挙げた後、連勝が懸かった第16節・町田戦の直前に書いた。その町田戦は開始2分に高橋大悟選手が挙げた先制ゴールを最後まで守り抜き、今季初の2連勝を達成。しかし第17節、ミクスタでの磐田戦は0-2で落として3連勝を逃した。

 やはり2連勝が効いて、現在の順位はJ3自動降格圏外となる18位。最下位から浮上した事実はあるが、チームとして勢いに乗った、という状況にはなく、これまでと同様に気を抜けない戦いが続く。しかし、前進しているという実感は皆さんもお持ちなのではないだろうか。特に敗れた磐田戦で、それを感じた方が多かったのでは?...

関連記事

福岡県の天気予報

PR

開催中

映像シアター

  • 2021年7月17日(土) 〜 2021年7月29日(木)
  • 福岡市保健環境学習室 まもるーむ福岡

PR