てぼや絵馬、手ぬぐい…櫛田神社で縁起物づくり最盛期

 博多祇園山笠(7月1日~15日)を控え、櫛田神社(博多区上川端町)では、山笠の縁起物づくりが最盛期を迎えている。

 縁起物は舁(か)き手たちが身を清める海砂「お汐井」が入った竹籠「てぼ」のほか、今年の飾り山の下絵(完成図)を描いた絵馬や手ぬぐいなど9種類。博多では山笠期間中だけでなく、お汐井を身に振りかけて清める習慣があり、舁き山がない今年もてぼを新たにこしらえた。

...

関連記事

福岡県の天気予報

PR

開催中

真夏の古本まつり

  • 2021年7月18日(日) 〜 2021年8月3日(火)
  • ジュンク堂書店福岡店 2階 MARUZENギャラリー

PR