浪曲ブームの源流は九州に 浪曲師の玉川太福さん

 浪曲は、落語や講談と並ぶ「三大話芸」の一つで、明治時代から戦後まもなくは大衆芸能の主役でした。近年は影が薄くなっていましたが、浪曲師の玉川太福さん(41)の活躍で、再びブームになりつつあるようです。福岡を訪れた玉川さんに、浪曲と九州の縁や、浪曲独特の魅力を聞きました。

 -最近、九州によく来ていま...

関連記事

PR

開催中

真夏の古本まつり

  • 2021年7月18日(日) 〜 2021年8月3日(火)
  • ジュンク堂書店福岡店 2階 MARUZENギャラリー

PR