『台北プライベートアイ』紀蔚然著 ツンデレ探偵の愛嬌と哀愁

 主人公の呉誠(ウー・チェン)は離婚秒読み段階の、厭世(えんせい)的なアラフィフ男だ。パニック障害に陥るほど自意識過剰で皮肉屋、人生のあらゆる局面でさんざん他人を傷つけてきた。そんな自分の在り様に嫌気が差した彼は、ほとんど発作的に世捨て人になろうと決意する。そこで一念発起して仕事を辞め、なにもかもか...

関連記事

PR

開催中

映像シアター

  • 2021年7月17日(土) 〜 2021年7月29日(木)
  • 福岡市保健環境学習室 まもるーむ福岡

PR