平野啓一郎さん『本心』 仮想と現実の間で問う「人とは」

 舞台は人工知能(AI)や仮想現実が発達し、「自由死」(安楽死)が合法化された近未来の日本。青年の告白を通して親子の愛情と生死を見つめた。「人は対人関係や環境によって違う自分になる」との考えから提唱してきた「分人主義」の集大成となる作品だ。

 2019年秋から翌年夏にかけ、西日本新聞などで連載した小...

関連記事

PR

開催中

映像シアター

  • 2021年7月17日(土) 〜 2021年7月29日(木)
  • 福岡市保健環境学習室 まもるーむ福岡

PR