イモの肥料は地ビール麦汁搾りかす…「オール門司」の焼酎造り始動

 北九州市門司区の農家や酒店が門司産のサツマイモでつくる焼酎「地芋(じいも)」の来春分の仕込みが始まった。今年は、門司港地ビールの麦汁の搾りかすを、イモの肥料に使う新たな試みを決行。「オール門司」を合言葉に、地域で焼酎造りを盛り上げようとしている。

 9日早朝、門司区伊川地区の農家白石雄大さん(30)の畑で、サツマイモの苗600本の植え付け作業があった。参加した地域住民10人は、約1トンの搾りかすを混ぜ込んだ畝に、苗を1本ずつ丁寧に手植えした。...

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR