九州の感染者「第4波」ピークの1割程度に 1週間で新たに794人

 九州7県では4~10日の1週間で、新たに794人の新型コロナウイルス感染が確認された。4週連続の減少で、「第4波」ピーク時の1割程度にまで低減した。県別では長崎が唯一、前週比1.25倍と増えた。

 福岡の1日当たりの新規感染者数は2桁で推移し、7日間平均は62人。病床使用率は50%程度の状況が続く。佐賀、宮崎は感染確認ゼロの日が複数あった。一方、佐賀では1回目のワクチン接種後に陽性と判明した人が複数確認された。

 死者は37人(福岡19人、大分6人、熊本5人、佐賀、鹿児島各3人、宮崎1人)。

 

関連記事

PR

開催中

安西博之展

  • 2021年7月26日(月) 〜 2021年8月5日(木)
  • アートスペース貘(ばく)
開催中

福岡県戦時資料展

  • 2021年8月2日(月) 〜 2021年8月6日(金)
  • アクロス福岡1階コミュニケーションエリア

PR