【やさしい日本語】畑(はたけ)から  出(で)る  煙(けむり)で  困(こま)っている  人(ひと)が  いる

福岡ふくおかけん  糸島市いとしましは、むぎの  はたけが  たくさん  あります。

はたけから  むぎを  あつめた  あとには、くきが  かわいた「わら」が  のこります。

農業のうぎょうの  ひとの  なかには、わらを  はやく  片付かたづけるために、わらを  く  ひとも  います。

でも、けむりが  たくさん  るので、「洗濯せんたくが  できません」と  こまる  ひとが  います。

けむりで  えにくいので、くるまで  とおるときも  心配しんぱいです。

糸島市いとしましの  農業のうぎょうの  ひとたちの  団体だんたい「JA」は、わらを  くときは  を  つけるように  おねがいしています。

これから、はたけの  ちかくに  あたらしく  いえが  できる  地域ちいきも  あります。

問題もんだいが  きないように、話し合はな  あいをした  ほうが  よさそうです。

佐賀さがけんでは、わらを  かない  ひとに  おかねを  して  います。

ですから、わらを  く  ひとは  だいぶ  りました。

 

もとの  記事きじは  こちら

関連記事

PR

開催中

真夏の古本まつり

  • 2021年7月18日(日) 〜 2021年8月3日(火)
  • ジュンク堂書店福岡店 2階 MARUZENギャラリー

PR