『義士切腹 忠臣蔵の姫 阿久利』佐々木裕一著

 広島三次藩から浅野内匠頭に輿入れした阿久利はぼうぜんとしていた。江戸城中で吉良上野介へ刃傷に及んだ夫はもうこの世にはいない。遺された言葉が浮かぶ。「留守を頼む。家臣が命を落とさぬようにな」……。悲姫・阿久利を主人公に、同郷の作家が描く新しい「忠臣蔵」完結編。

関連記事

PR

開催中

水谷和音展

  • 2021年7月16日(金) 〜 2021年7月26日(月)
  • KUJIMA

読書 アクセスランキング

PR