二度殺してはならぬ 神屋 由紀子

 「熊が出るから」と銃を携えた地元の人に導かれて、東シベリアの原野を歩き、森の中の墓地にようやくたどり着いた。6年前のことだ。

 一緒に旅した東京在住の声楽家古川精一さん(56)の伯父が埋葬された場所だった。慰霊碑は倒れ、木棒を立てただけの土まんじゅうが並ぶ。奥に大きなくぼみがあった。

 古川さんが...

関連記事

PR

開催中

真夏の古本まつり

  • 2021年7月18日(日) 〜 2021年8月3日(火)
  • ジュンク堂書店福岡店 2階 MARUZENギャラリー

PR