堀の町ならではのおやつ「ちまき」 福岡県大木町

 日本有数のクリーク(堀)地帯、筑後川下流域の中で、最もその密度が高い福岡県大木町。5月中旬、ああ、またあのちまきが食べたいと、農家の田中月子さん(72)に連絡してみた。

 「よかよ。でも最近はコモが少なくなってねぇ。時期も採るにはちょっと早か」とのこと。大木町のちまきは、ササではなく、堀の周りに群生するコモとヨシの葉を使って、...

関連記事

PR

開催中

映像シアター

  • 2021年7月17日(土) 〜 2021年7月29日(木)
  • 福岡市保健環境学習室 まもるーむ福岡

PR