100年前、台湾に渡った画家「塩月桃甫」映画に 貫いた「自由」

 100年前の1921年春。ある日本人画家が台湾を目指し、海を渡った。宮崎県西都市出身の画家塩月桃甫(しおつきとうほ)(1886~1954)。日本統治期の台湾で創作し美術教育に尽くした。時代に翻弄(ほんろう)された生涯を追ったドキュメンタリー映画「塩月桃甫」が完成し、各地で公開中だ。監督は同県出身の美術家小松孝英さん(41)。骨董(こっとう)店で作品に出合ったのが始まりだった。...

残り 2072文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

PR