大分県で新たに4人感染 70代1人が死亡

 大分県などは16日、4人が新型コロナウイルスに新たに感染し、県内の医療機関で療養中だった70代1人が亡くなったと発表した。

 4人は宇佐市2人、大分市と中津市が各1人。うち経路不明は1人。2人はクラスター(感染者集団)発生が判明している宇佐市の医療機関の入院患者で、このクラスター関連は計11人となった。死亡した1人は持病があったといい、死者の累計は60人。

 県はまた、変異株を見つけるためのスクリーニング検査について、今月8日からはアルファ(英国)株ではなくデルタ(インド)株を調べるように運用を変更し、これまでに31人の検体を確認したところ、すべて陰性だったことも明らかにした。 (吉村次郎)

大分県の天気予報

PR

開催中

映像シアター

  • 2021年7月17日(土) 〜 2021年7月29日(木)
  • 福岡市保健環境学習室 まもるーむ福岡

PR