九州アスティーダに五輪代表ら外国人5選手 Tリーグ女子新規参入

 卓球のTリーグ女子で2021~22年シーズンに新規参入する「九州アスティーダ」に5人の外国人選手が加入することが決まった。うち4選手は今夏の東京五輪に出場予定。戦力を整えて初のシーズンに挑む。

 五輪代表組で注目されるのは、韓国出身で16歳の申裕斌(シン・ユビン)。15歳だった19年のチェコ・オープン混合ダブルスでは水谷隼(木下グループ)伊藤美誠(スターツ)組を破って優勝した。さらに、モナコ代表のヤン・シャオシン(23)、ブラジル代表のタカハシブルーナ(20)、フランス代表のプリティカ・パパデ(18)も加入する。

 東京五輪には出場しないが、韓国出身で23歳の金河英(キム・ハヨン)も加わる。9月の開幕に向け、日本人選手との交渉も進めている。九州アスティーダの川面創社長は「私たちの試合にぜひ足を運んでいただきたい」と話した。

関連記事

PR

PR