顔よりデカい! 重さ5キロ超の晩白柚、ギネス認定 八代の農家収穫

 熊本県八代市東陽町の農業前田一喜さん(70)が今年1月に収穫した重さ5386グラムの晩白柚(ばんぺいゆ)が、「世界一重いザボン」としてギネス世界記録に認定され、16日に公式認定証が届いた。

 八代特産で「世界最大のかんきつ類」といわれる晩白柚。今回は、以前の記録4859・7グラムを約500グラム上回った。丹念な水やりや果実の選別、昨夏の多雨が巨大化の要因という。

 市は仮庁舎など4カ所で実物大レプリカを展示する。レプリカを抱えた前田さんは「5キロを超えるとはびっくり」と笑顔。果実を食べたJA担当者は「上品な甘みと酸味が絶妙で、味もギネス級だった」。

熊本県の天気予報

PR

PR