父親のおつかい 森島政子

 単身赴任中の息子はコロナ禍で家族の元に帰れず、食料調達のためわが家に時々、帰ってくる。その都度、老親2人であちこち回って買いそろえて待つ。私が体調を崩し「次にして」とメールを送っても「顔を見に帰る」。外出先から戻った夫は「息子に持たす物は何もないのやろう。買い物に行くから必要な物をメモしてくれ」。...

関連記事

PR

開催中

映像シアター

  • 2021年7月17日(土) 〜 2021年7月29日(木)
  • 福岡市保健環境学習室 まもるーむ福岡

PR