千賀、前半戦の1軍復帰に一歩前進 3軍練習試合で最速158キロ

 左足首の靱帯(じんたい)損傷のためリハビリ組で調整しているソフトバンクの千賀滉大投手(28)が17日、九州アジアリーグ・火の国サラマンダーズとの3軍練習試合(タマスタ筑後)に先発し、4回3安打無失点と貫禄を見せつけた。約2カ月半ぶりの実戦で51球を投げ、真っすぐは158キロをマーク。「手応えとしては良くない部類だった。普通に放れたことは良かったかなと思う」と振り返った。次回は23日のウエスタン・阪神戦(同)に登板する予定で、球宴前の1軍復帰に向け一歩前進。斉藤リハビリ担当コーチは「全力では投げていなかったと思うし、きょうはとりあえず問題なく投げられるというのが前提だった」と胸をなで下ろした。

関連記事

PR

開催中

真夏の古本まつり

  • 2021年7月18日(日) 〜 2021年8月3日(火)
  • ジュンク堂書店福岡店 2階 MARUZENギャラリー

PR