工事が原因?以前から生息? 波紋広げる黄色い花

石木ダム・リポート ―6月17日―

 長崎県川棚町の石木ダム事業の工事現場で、黄色いかれんな花が風に揺れている。特定外来生物「ナルトサワギク」。マダガスカル原産のキク科という。この花が現場に思わぬ波紋を広げている。

 17日の町議会一般質問。ダム水没地の住民でもある町議の炭谷猛氏は現場や周辺で繁茂するナルトサワギクを取り上げ「牧草に混じれば町内で生産される長崎和牛にも影響が出る」と指摘、山口文夫町長に駆除の考えをただした。...

関連記事

長崎県の天気予報

PR

開催中

映像シアター

  • 2021年7月17日(土) 〜 2021年7月29日(木)
  • 福岡市保健環境学習室 まもるーむ福岡

PR