チームH誕生、HKT初の総選挙…そして衝撃の「オールナイトニッポン」

HKTが好きやけん 特命担当記者が見た10年③~2012年

 「アイドル好き記者」は再び“夢の世界”に帰ってきた。2012年3月4日、私は福岡市のホークスタウンモール内にあったHKT48劇場にいた。2012年の元日紙面に初日公演の記事を書いて役割は終わったはずだったが、生みの親である当時の上司の一存で継続。グループに訪れた新たな節目を見届けるために足を運んでいた。

 「節目」とは、HKTにとって初のチームとなる「チームH」のお披露目。会見前に「僕らの風」を披露し、選抜された16人が自己紹介をする流れだった。

 注目は、チームの象徴とも言える「キャプテン」。任命されたのは穴井千尋だった。当時の劇場支配人・佐藤和也は会見後、報道陣に囲まれ「絶対的なリーダーシップはないが、何をするにも迅速で正確」と理由を説明、行動で示すタイプのリーダーだと期待した。穴井はその後、愛着を込めて「ポンコツ」と呼ばれながら、彼女ならではの味でグループをまとめていく。

...

残り 1874文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR