『猫が歩いた近現代 化け猫が家族になるまで』真辺将之著

 江戸時代には「化ける、祟(たた)る」と恐れられた猫。明治になると文豪に愛されもしたが、軍用毛皮や三味線に使われるなど苦難の路をたどった──。猫を愛する歴史学者が、猫への人間社会のまなざしの変化に思いをはせ、言葉を発しない猫たちの歴史を掘り起こした力作。

関連記事

PR

開催中

映像シアター

  • 2021年7月17日(土) 〜 2021年7月29日(木)
  • 福岡市保健環境学習室 まもるーむ福岡

PR