佐賀バルーンフェスタ、無観客で開催へ 国内選手限定、期間も短縮

 佐賀市の嘉瀬川河川敷で開く熱気球大会「佐賀インターナショナルバルーンフェスタ」の大会組織委員会は18日、今年の大会日程を11月4~6日の3日間に短縮し、出場選手を国内に限定した上で、無観客で開催すると発表した。昨年は新型コロナウイルスの影響で中止し、開催は2年ぶり。

 当初は大会日程を11月3日から5日間とし、海外選手の招待も検討していたが、海外からの受け入れは難しいと判断した。参加するバルーンは例年の約110機から約70機になる見通し。関係者全員にワクチン接種や抗原検査を義務づける。

 夜間係留など来場者向けのイベントはせず、期間限定の「JRバルーンさが駅」も設置しない。(米村勇飛)

関連記事

佐賀県の天気予報

PR

開催中

安西博之展

  • 2021年7月26日(月) 〜 2021年8月5日(木)
  • アートスペース貘(ばく)

PR