5歳児餓死事件を教訓に…篠栗町「町民の命を守る条例」制定

 篠栗町議会は18日、6月定例会の最終本会議を開き、昨年4月に町内の5歳児が餓死した事件を受け、孤立化を防ぎ、個人が尊重される社会づくりを目指す「町民の命を守るささぐりづくり条例」案を可決した。

 条例は「全国的に、悩みを抱えた人々が孤立し、救いの声を上げられないまま尊い命が失われている」と前文に明記。...

残り 207文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

福岡県の天気予報

PR

開催中

秋の古本まつり

  • 2021年10月13日(水) 〜 2021年10月26日(火)
  • ジュンク堂書店福岡店 2階「MARUZENギャラリー」特設会場

PR