乳幼児感染、肺炎の恐れ RSウイルス患者急増 7~13日に過去最多更新

 主に乳幼児がかかり、肺炎などを引き起こす恐れのある「RSウイルス感染症」の患者が大分県内で急増している。定点36医療機関では7~13日に244人の患者が確認され、1医療機関当たりに換算すると6・78人となり過去最多を更新。県はマスク着用や手洗いなどを呼び掛けている。

 県によると、定点医療機関からの報告で、今年は3月1~7日に最初の患者が確認された。増加傾向が続き、5月24~30日に1医療機関当たり5・17人と過去最多となった。今月7~13日にはさらに増えた。

 同感染症は発熱や鼻水など風邪と似た症状が出る呼吸器系の病気。肺炎や...

大分県の天気予報

PR

開催中

瀧下和之展

  • 2021年7月28日(水) 〜 2021年8月2日(月)
  • 福岡三越9階美術画廊
開催中

真夏の古本まつり

  • 2021年7月18日(日) 〜 2021年8月3日(火)
  • ジュンク堂書店福岡店 2階 MARUZENギャラリー

PR