「皆さんが私を特別な1位にしてくれました」HKT48宮脇咲良、涙の卒業

 「たくさんの愛をありがとう」「皆さんが私を特別な1位にしてくれました」-。HKT48の1期生・宮脇咲良(23)が19日、福岡市のマリンメッセ福岡で卒業コンサート「Bouque」を開き、10年間所属したグループに別れを告げた。コンサート終盤には卒業生の指原莉乃、さらにHKTのステージには約3年半ぶりとなる兒玉遥がサプライズ出演し、旅立ちに花を添えた。宮脇は27日、「西日本シティ銀行 HKT48劇場」での壮行会に参加する。

 「私は順位をつけるもので1位になったことはありません。でも私はファンの皆さんの1位だったんじゃないかなと思います。皆さんが私を特別な1位にしてくれました」

 コンサート終盤、HKTのトップランナーとして走り続けてきた宮脇は涙を浮かべ、フェースシールドを着けた4000人の観客、配信先で見守るファンに彼女にしか伝えられないメッセージを送った。

 自身がほぼすべて考案したセットリストは、卒業がテーマの3rdシングル「桜、みんなで食べた」で幕を開けた。前日のリハーサルから隠せなかったという惜別の涙を「飲み込んでしまおう」と言わんばかりに、はじけるメロディーにのせてポニーテールを揺らす。

 ユニットパートでは三つのチームと共演した。チームHとは大好きだという「マンモス」を踊り、所属するKⅣとの「夏の前」では、新たなエースである運上弘菜の頭を優しくなでた。日韓合同グループ「IZ*ONE」で2年半をともにした矢吹奈子とはIZ*ONEの「夢を見ている間」を披露した。

 自身が不在の間にHKTをけん引した田中美久、松岡はなとは感謝の思いを込め、「僕の想いがいつか虹になるまで」を歌った。今後のHKTを担っていく新星との共演も存分に見せつける。5期生の石橋颯、上島楓、竹本くるみ、水上凜巳花、ドラフト3期生の渡部愛加里に、新エースの運上と7人で「制服のバンビ」を歌い踊った。

 その後も、チームH、チームKⅣのキャプテンとしてそれぞれグループを支える松岡菜摘、本村碧唯と「ジワるDAYS」を、親友の村重杏奈とは「思い出のほとんど」を涙ながらにデュエットした。

 「サヨナラの意味」では、本人も知らなかったという演出も。一緒に披露した今田美奈や下野由貴からメッセージを送られ、再び涙で目を潤ませた。

 現役の1期生7人では「夕陽を見ているか?」をかみしめるように歌った。ともに歩んできた仲間と、互いの顔を確かめるように円陣を組み、見守るファンと一緒になって大粒の涙を流した。

はるっぴ、さっしー登場 会場の盛り上がりは最高潮に

 自身のソロナンバー「彼女」「夢でKiss me」とソロ曲を歌い、HKTメドレーへ。「メロンジュース」を終えると、「大人列車」のメロディーとともにステージ上の階段が左右に割れた。長く見守ってきたファンであれば見間違いようのない、思い出深いショートカット。HKTが産声を上げたそのときから、ともに先頭で走り続けてきた兒玉遥だった。声が出せないはずの客席も思わずどよめく中、すれ違い続けた時間を埋めるように、肩を並べ歌い踊った。

 まるで数年前に時が戻ったかのような会場に、続けざまに衝撃が訪れる。「12秒」のイントロとともに、ステージ中央から登場したのは、宮脇が尊敬してやまない指原莉乃だった。これ以上ないゲストの連発に会場の熱気も最高潮に。指原と兒玉、そしてHKTメンバーとの久々のステージを心から楽しむように「最高かよ」を歌い踊った。

 アンコールが明けた後は、これまでの支えに感謝を伝える「あなたがいてくれたから」をしっとりと歌った。スピーチではスタッフや家族、そしてメンバーに思いを伝え、自身の卒業ソング「思い出にするにはまだ早すぎる」を、かみしめるように披露する。

 「この1カ月、昔に戻ったみたいに楽しくて」。終幕を前に、村重が最後のメッセージを紡ぐ。「今日が一番きれい」。いつものおちゃらけた口調とは違う、心のこもった言葉で盟友を祝福した。

 卒業公演も、コンサートもないままHKTを巣立った兒玉も顔をくしゃくしゃにしながら「こうしてステージであいさつができて、悔いなく、これからも頑張れる」と、宮脇の計らいに感謝した。

 最後の曲に選んだのは、オープニングと同じ「桜、みんなで食べた」。桜色のドレスに身を包み、バトンを渡すように後輩たちの手をつなぎ、笑顔を交わした。

 「たくさんの愛を、たくさんの感動をありがとうございました。また絶対に、会えるって約束してくださいね。皆さんに出会えて幸せでした。10年間ありがとうございました」

 キラキラと輝くアイドルスマイルを置き土産に、未来への階段を上った。咲良前線は世界へ。鹿児島で生まれ、博多で育ち、韓国で磨かれた可憐(かれん)な花は、いつも「今」が満開である。 (古川泰裕)

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR