犯罪・冤罪被害者の「分断招かぬ捜査を」 熊本大で当事者らシンポ

 犯罪被害と冤罪(えんざい)被害の当事者らが「被害者の分断」について語り合うシンポジウムが19日、熊本大であり、双方の被害者を分断させないような捜査や司法のあり方を考えた。同大大学院が主催し、学生ら約100人がオンラインで参加した。

 犯罪被害者の立場から、1997年に交通事故で次男を亡くした...

熊本県の天気予報

PR

PR