読者も向き合った“命のしまい方" 連載「安楽死を考える」

 5月中旬から下旬にかけて連載した「安楽死を考える-神経難病患者の訴え」(全3回)に、読者から多くの反応が寄せられた。苦痛を感じながら生きている患者を思い「そろそろ安楽死の議論を始める頃では」と提案する声があった一方で、「それでも生き続けてほしい」と訴える人もいた。一部を紹介する。...

残り 905文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

開催中

だざいふ子ども絵画展

  • 前期2021年11月11日(木)~23日(火・祝)、後期27日(土)~12月10日(金)
  • 太宰府市文化ふれあい館 エントランスホール
me music マリンワールド海の中道 外洋大水槽前から

PR