九州新幹線整備、与党方針に反発 検討委員長に佐賀知事

 西九州新幹線の新鳥栖-武雄温泉(佐賀県)間を巡り、フル規格での整備方針を決めている与党検討委員会の山本幸三委員長は22日、県庁で山口祥義知事と会談した。山本氏は14日に与党整備新幹線建設推進プロジェクトチーム(PT)で確認した財政負担軽減策などを説明したが、知事は「上から決めつけるのはやめていただきたい」とフル規格を前提とした議論に改めて反発した。...

残り 205文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

佐賀県の天気予報

PR

PR