差別偏見「いまだに」ハンセン病熊本地裁違憲判決20年

 ハンセン病元患者への強制隔離政策を違憲とした2001年の国賠訴訟の熊本地裁判決から20年を迎え、全国弁護団連絡会や原告団などは22日夜、オンライン集会を開いた。「いまだに周囲に話せない当事者もいる」。熊本県合志市の菊池恵楓園入所者自治会長の志村康さん(88)は、差別や偏見の根深さを指摘した。

 集会は全...

残り 234文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

熊本県の天気予報

PR

PR