ハンセン病熊本地裁違憲判決20年 弁護団が記念の報告書製作

 熊本地裁判決から20周年を記念し、弁護団は「ハンセン病問題の現在と未来 2」と題した報告書を製作した。各地の弁護士が違憲判決から20年の取り組みを振り返り、今後の課題を指摘する内容。判決要旨などの資料編も充実させた。

 報告書は、国賠訴訟全国弁護団連絡会などが作成し、22日夜の記念集会で披露した。...

残り 414文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

熊本県の天気予報

PR

開催中

初めての俳句教室

  • 10月7日(木)、11月4日(木)、12月2日(木)
  • 耳納市民センター多目的棟

PR