強い敵に筆一本で立ち向かう

「雨中痛別(雨の中のつらい別れ)」。香港紙「蘋果日報(リンゴ日報)」がきのう、1面にこの見出しを掲げて廃刊した。中国共産党を批判し、自由と権利を求める民主派を支持した、ほぼ唯一の日刊紙だった▼社名は聖書に登場するリンゴから。アダムとイブがこの禁断の実をかじっていなければ、世界に罪悪は存在せず、新聞も必要なかった-と。昨年施行された香港国家安全維持法により、幹部らが逮捕され、資産も凍結されたため発行を続けることができなくなった...

残り 355文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

PR