豪雨被害 10橋梁の再建方法検討開始、八代復興事務所

 昨年7月豪雨で流失するなどした球磨川にかかる橋梁(きょうりょう)10カ所の本復旧に向け、学識経験者たちが再発防止の観点から再建方法を議論する検討会が24日、国土交通省九州地方整備局八代復興事務所で始まった。

 10カ所は熊本県や球磨川流域自治体が管理しているが、権限代行で国が復旧を担当する。この日は、...

残り 267文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

熊本県の天気予報

PR

PR