暮らしに伴走「アウトリーチ」精神疾患での孤立防ぐ 30年ぶり退院も

 精神の疾患や障害で社会的に孤立する人を訪問して支援する「アウトリーチ」が注目されている。疾患や障害そのものに加え、家族との関係や貧困など当事者が抱える問題は多岐にわたる。訪問支援は生活空間に踏み込むことで、それぞれの複雑な事情を把握し解決策を提案できる強みがある。期待されるのは地域で安心して暮らす...

残り 1708文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

開催中

はかた夏まつり2022

  • 2022年8月10日(水) 〜 2022年8月15日(月)
  • JR博多駅前広場(賑わい交流空間)

PR