多様なニーズにどう訴えるか

 4月末から1カ月間、壱岐市の財政運営などを巡り、白川博一市長の解職を請求する署名活動が行われた。一方、先日あった同市議選の立候補予定者説明会には定数16に対し現職14、新人10陣営が出席した▼新人の多さは署名活動を通じて市政への関心が高まったともいえる。その中には「女性の声を施策に反映させたい」と...

残り 115文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

長崎県の天気予報

PR

開催中

緑のコンサート

  • 2021年12月3日(金)
  • 福岡市健康づくりサポートセンター あいれふホール

PR